おかげさまで12年。「本当にいいもの」だけを、だからリクシル専門。

リクシルの利点

「リクシル以外の商品を検討している」「そもそもリクシルをよく知らない」という方、少しだけお付き合いください。

住宅建材業界ナンバーワンメーカー

名だたる5社が統合してできたリクシル

「リクシル」という名前を聞いたことはありますか?リクシルとは、2011年に「トステム」「INAX」「新日軽」「サンウエーブ工業」「東洋エクステリア」という名だたる会社5社が統合してできた、幅広い住関連サービスを提供する企業です。現時点では、住宅建材業界ナンバーワンで、カーポートやウッドデッキといった家の外まわりの商品(エクステリア)のシェアは「55%」を誇ります。

リクシルをもっと深く知りたい方は、リクシル公式ホームページもチェックしてみてください。

品質が高いことが信頼の証

商品の品質について、リクシルのホームページには、下記のように書かれています。

LIXILは、お客さまからの信頼獲得の源泉は、「製品・サービスにおける品質」にあると考え、長年培ってきた知見・ノウハウをいかしながら、環境に配慮し、お客さまに安心してお使いただける、質の高い製品・サービスの開発に努めています。

引用元:https://www.lixil.co.jp/corporate/sustainability/customer/
リクシルは、業界最大手ということもあり、商品の品質は間違いありません。エクステリア商品は、家の外に設置されるものです。過去、台風被害や雪害を何度となく経験してきました。リクシルは「強度が高いことがお客さまにとって、もっともいいことである」という想いも強く持っています。それが今日の商品開発にも繋がっていて、実際に性能や品質に反映されています。

もっとも「お得感」がある

買う側としては「品質が高くて、価格は安い」のが、もちろん良いですよね。ただ、残念ながら「安かろう悪かろう」は、商品の品質については、ある程度当てはまります。手っ取り早く商品を安くする方法は、何かを妥協し、削ることです。たとえば、部材の素材の質、強度をアップさせるための部品、開発や研究のコストなどです。そうやって妥協した商品の品質、本当に大丈夫でしょうか。

大手メーカーの場合、商品の研究や開発にコストをかけ、デザイン性や強度面を改良していけるだけの力があります。なおかつ、ある程度の販売数は見込めるため、価格は抑えることができます。また、多くの人が使うということは、その分商品に対する情報も集まり、それをもとにさらに品質を向上させ、お客さまの満足度も高くなるという好循環も生まれます。

上記のような理由から「品質」「価格」など総合的に判断して、もっともお得感があるのがリクシル商品というわけです。

「激安」を疑う癖をつけましょう

ホームセンターやネットショップで、びっくりするぐらい安い商品を見かけます。低価格のみを追求した商品は、品質に問題がないとは思えません。というのも、全国のどこかで天災が起こると、お客さまから「倒壊した」と被害報告が一番多いのは、激安商品だからです。飛びつきたくなるのも分かりますが、長く使っていく商品なので、まずは一度落ちついて考えてみましょう。

私たちは、リクシル専門家です。

コウケンが選ばれる理由 もご覧ください。